Top > 新型インフルエンザ

新型インフルエンザ

新型インフルエンザ一覧

ダチョウ抗体マスク

新型インフルエンザ対策商品というのは開発が追い付かないような状態である。 その中で最近注目を浴びているのが、「ダチョウ抗体」である。 テレビなどでもダチョウ抗体付きマスク等取り上げられたりして、注目されている。 従来は、マウスやウサギ、ニワトリ等を使って、抗体を作り出して生成していました。その生産コ

ダチョウ抗体マスクの続きを読む>

お勧め食材その2

新型インフルエンザに対して効果があるのではないかと考えられる食材をもう一つご紹介する。 それは、「まいたけ」である。 まいたけは、きのこの中でも特に豊富な成分がある。それはD−フラクションと呼ばれるものである。 D−フラクションとは、多糖たんぱくであり、免疫の過剰な強まりを抑えると言われている。 D

お勧め食材その2の続きを読む>

免疫力を高める方法その2

睡眠、運動以外で免疫力を高めるとされているものを紹介する。 最も大敵なのは、ストレスである。ストレスを感じると、NK細胞の活性化は低下する。ガンにもかかりやすくなる。 しかしストレスは誰にでも必ずあるものであり、それを除外して生きることはできない。 大事なのはストレスの受け止め方である。ストレスを感

免疫力を高める方法その2の続きを読む>

お勧め食材その1

新型インフルエンザに対して効果があるのではないかと思われる食品をご紹介しよう。 それは「しそ」である。 しそは我が国では古くから薬や漬物などにも利用されている。 青じそと赤じそ等の種類があり、青じその栄養価が高いとされている。 しそはベータカロテンの含有量がトップとされている。それは粘膜を強化して免

お勧め食材その1の続きを読む>

免疫力を高める方法その1

新型インフルエンザが発生したとしても、結局はうがい、手洗いの遂行や、マスクの着用、咳エチケット程度しか個人の対応策はない。 それ以外に個人でやっておけることと言えば、免疫力の向上であろう。 新型インフルエンザに限らず、風邪をひいたり、通常のインフルエンザにおいても、かかる人とかからない人がいる。 ガ

免疫力を高める方法その1の続きを読む>

事業者・職場における対応

厚生労働省では、事業者や職場における新型インフルエンザ対策ガイドラインを策定している。 事業者または職場において、新型インフルエンザが発生した場合、やるべきこととされているのは以下のことである。 対策本部を設置したり、情報収集をし、自分達で業務運営体制を検討しましょうとしている。 感染予防やマスク等

事業者・職場における対応の続きを読む>

家庭での備蓄品(その他)

新型インフルエンザが流行した場合のみならず、地震等の災害時のためにも準備しておいたほうが良いものがある。 それらの例を見てみよう。 カセットコンロ、ガスボンベは、ライフラインが停止した場合に便利である。 また、電気が停止した場合に対して、懐中電灯や乾電池を用意しておくべきだろう。 ラジオや携帯テレビ

家庭での備蓄品(その他)の続きを読む>

家庭の備蓄品(医薬品)

新型インフルエンザが発生した場合に対して、薬局等で購入できる医薬品をご家庭で準備されていたほうがよいであろう。 まずは常備薬。普段の使いのものがよいであろう。胃腸薬、風邪薬や持病の薬など、多めに置いておくべきだろう。 解熱剤は、成分をよく確かめておくべきだろう。アスピリン系は注意が必要なので、アセト

家庭の備蓄品(医薬品)の続きを読む>

家庭の備蓄品(食料品)

新型インフルエンザが発生した場合、最低でも2週間は家にこもることが良いとされている。 その時のために、家庭では何を用意しておくべきであろうか? まず、食料品の例は以下のものである。 主食にでき、長期保存できるものとして、米、切りもち、乾麺類(そば、うどん、そうめんなど)、コーンフレーク、シリアル類、

家庭の備蓄品(食料品)の続きを読む>

家族が感染してしまった場合

もしも家族が新型インフルエンザにかかってしまったとしたら、あなたはどうするであろうか? 新型インフルエンザの感染力というのは大きなものであるので、他の家族が感染しないためにも細心の注意を払うことが必要となってくる。 まずは患者だけでなく、家族全員がマスクを着用すべきである。 ゴーグルもあるのならば、

家族が感染してしまった場合の続きを読む>

加湿器と空気清浄機の活用

インフルエンザウィルスが流行することが冬に多いのは、ウイルスにとって温度20度前後、湿度20%前後という環境が最適だからである。 インフルエンザウィルス以外のウィルスであっても、病原菌ウィルスは乾燥を最も好みます。 新型インフルエンザが流行した場合、家庭でできることは、加湿を心がけることである。 湿

加湿器と空気清浄機の活用の続きを読む>

不織布マスク

新型インフルエンザのパンデミックが起こった場合、新型インフルエンザにかかってしまった人も、そうでない人も、マスクの着用をすることがとても大切である。 不幸にして新型インフルエンザにかかってしまった人は、周りにうつさないように、マスクをしてウィルスを飛び散らせないようにしなければならないん。 また、か

不織布マスクの続きを読む>

日常生活での予防策

新型インフルエンザが流行した場合、日常生活での予防策はどうしたらよいだろうか? インフルエンザは、感染した人の咳やくしゃみ、つばなどの飛沫により飛び散ったウィルスによって感染する。 そのため日常生活においての予防策は、外出後の手洗いやうがい、マスクの着用、不要不急の外出を控える、人ごみを避ける、流行

日常生活での予防策の続きを読む>

ゴーグル

新型インフルエンザに対抗する手段として、ゴーグルを着用すると良いと言われている。 新型インフルエンザウィルスは、口や鼻の他、目からも侵入する。 それを防ぐために、ゴーグルを着用する。 ゴーグルは、現在さまざまなものが売られている。 完全に目や鼻を覆うタイプが好ましいであろう。 水泳用のゴーグルや、花

ゴーグルの続きを読む>

高齢者には肺炎球菌ワクチン

新型インフルエンザが発症した場合、高齢者にとって怖いのは肺炎を併発することである。 それに対応して、「肺炎球菌ワクチン」というのがある。 肺炎球菌ワクチンとは、肺炎球菌によって引き起こされるさまざまな病気を予防するワクチンである。 肺炎球菌ワクチンを接種すると、肺炎球菌による肺炎の、7〜8割ぐらいを

高齢者には肺炎球菌ワクチンの続きを読む>

注意が必要な解熱剤

鎮痛解熱剤の使用については注意する必要がある。 サリチル酸系の薬は、インフルエンザの場合、15歳以下の子供は原則飲んではいけないとなっている。 サリチル酸系とは、アスピリンやサリチルアミドである。 これらを15歳未満の子供に使用すると、インフルエンザ脳症を引き起こす危険性があると言われている。 アス

注意が必要な解熱剤の続きを読む>

抗インフルエンザ薬「タミフル」

抗インフルエンザ薬というものに、「タミフル」がある。 タミフルはA型、Bインフルエンザウイルス感染症の治療、予防薬である。 カプセルタイプとドライシロップタイプがある。 タミフルは、スイスのロッシュ社というところで、生産されている。 現在、そのタミフルが品不足を起こしている状態である。 今までは日本

抗インフルエンザ薬「タミフル」の続きを読む>

抗インフルエンザ薬「リレンザ」

抗インフルエンザ薬と呼ばれるものに「リレンザ」というものがある。 リレンザは、ディスクヘラーという吸入器具を使用して、上気道の表面に到達させるタイプの吸入剤である。 ウイルスの表面に分布するたんぱく質「ノイラミニダーゼ」の働きを阻害し、増殖を抑える効果がある。 インフルエンザウィルスのA型とB型に効

抗インフルエンザ薬「リレンザ」の続きを読む>

サイトカインストームとは?

1918年から流行したスペイン風邪の場合、その死者に占める割合は、10代から30代の体力のある若者が多かったそうである。 毎年流行がみられるインフルエンザの場合は、高齢者や子供などの体力の無い人達によくみられる。 なぜ、新型インフルエンザは、通常の場合と違い、若年層に被害が大きいと言われるのであろう

サイトカインストームとは?の続きを読む>

新型インフルエンザの国別対策

新型インフルエンザに対して、日本はかなり遅れている。日本という国は先進国であるにも関わらずどうしてこうも遅れているのであろうか。 残念である。 スイスやフィンランド、イギリスなどでは、なんと、全国民分のプレパンデミックワクチンを接種する計画があるそうである。 また全国民分のタミフルが備蓄されているの

新型インフルエンザの国別対策の続きを読む>

アメリカでの新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザが発生した場合、一番の対策としては外出をしないことである。 アメリカでは、それに備えて、ドライブスルー方式でのワクチン接種の訓練までしているそうである。 既にアメリカの薬局等ではドライブスルーが一般的になっている。 アメリカでは、鳥インフルエンザから作ったプレパンデミックワクチンを

アメリカでの新型インフルエンザ対策の続きを読む>

ワクチン接種の優先順位

国は、「プレパンデミックワクチンは、パンデミックワクチンの供給体制が整うまでの間、国民の生命や最低限度の生活を守るために、緊急的に医療従事者及び社会機能維持者に対して接種する」としている。 その優先順位は以下のようになります。 政府案によると、カテゴリー1としては、推定100万人から200万人に対し

ワクチン接種の優先順位の続きを読む>

新型インフルエンザのワクチン

毎年行われているインフルエンザワクチン接種というのは、新型インフルエンザに対して効果をなさない。 インフルエンザウィルスの種類が違うからである。 新型インフルエンザに対してのワクチン「プレパンデミックワクチン」は、実際に新型インフルエンザが発生してからでないと、作ることができない。 それに対して、事

新型インフルエンザのワクチンの続きを読む>

企業による「事業継続計画」

大企業において、新型インフルエンザのガイドライン作成が進みつつあるようである。 ただ、大企業においては進んでいますが、中小企業ではまだまだ進んでいないところが多いようである。 「何から手をつけていいのか分からない」という声が聞こえる。 大企業においては、すでに対策をしているところもある。 アジア等の

企業による「事業継続計画」の続きを読む>

警報フェーズの段階

WHO(世界保健機関)は、1999年「インフルエンザパンデミック計画」を策定した。 WHOは、パンデミック警報フェーズを用いている。 警報フェーズというのは、新型インフルエンザの流行の度合いを示すものである。 フェーズ1から7まで設定されている。 フェーズ1から3は、人から人への感染が無い場合で、現

警報フェーズの段階の続きを読む>

厚生労働省のガイドライン

厚生労働省では、新型インフルエンザが発生した場合に対応するため、新型インフルエンザ対策本部を設置し、「新型インフルエンザ対策ガイドライン」を策定した。 それは、さまざまなガイドラインから成り立っている。 水際対策である検疫ガイドライン、また仮に侵入したとして、それを発見するためのサーベイランスガイド

厚生労働省のガイドラインの続きを読む>

鳥インフルエンザ(H5N1型)について

現在、鳥の間で流行を引き起こしているH5N1型とはどのようなものであろうか? それは、強毒性鳥インフルエンザウイルスのことで、かなりの毒性があるといえる。 これが突然変異して人に移って「新型インフルエンザウィルス」となると、重い症状を引き起こす。 38度以上の高熱、下痢、呼吸困難、嘔吐、筋肉痛、血痰

鳥インフルエンザ(H5N1型)についての続きを読む>

新型インフルエンザ発生後の混乱

新型インフルエンザが発生すると、どうなるのであろうか? 新型インフルエンザが発生した場合、日本国民の4人に1人が感染する、と言われている。 多くの人の感染により、社会生活が混乱し、麻痺するとも言われている。 会社では、最大40%の人が欠勤する可能性があると想定されている。 学校では、長期間の臨時休校

新型インフルエンザ発生後の混乱の続きを読む>

新型インフルエンザとは?

近年、新型インフルエンザが世界的大流行(パンデミック)の可能性が示唆されている。 新型インフルエンザウィルスとは、鳥や豚などの動物のウィルスが人に感染し、それらが変異して、人から人へと感染するウィルスになったもののことを呼ぶ。 新型インフルエンザは、毎年流行するインフルエンザとは表面の抗原性が異なり

新型インフルエンザとは?の続きを読む>

インフルエンザと風邪の違い

新型インフルエンザを始め、インフルエンザとはそもそもどのような症状が現れるのだろうか? 風邪との違いはどのようなものであろうか? 通常の風邪は、のどや鼻に症状が現れる。 鼻水、くしゃみ、咳などが主な特徴である。 インフルエンザは、通常の風邪と違い、まず最初に高熱が出る。 高熱というのは、38度から4

インフルエンザと風邪の違いの続きを読む>

 | 
カテゴリー
更新履歴
ダチョウ抗体マスク(2009年5月18日)
お勧め食材その2(2009年5月18日)
免疫力を高める方法その2(2009年5月18日)
お勧め食材その1(2009年5月18日)
免疫力を高める方法その1(2009年5月18日)